過払い金の発生理由

過払い金とは消費者金融などの貸金業者が、法律で定められている利息制限の上限を超えて取り続けた利息の事を指しており、知らないうちに多くの人が払ってしまっている可能性のある利息でもあります。
借金をすると、借金をした人は必ず貸金業者に対して利息を支払う必要が出てきます。
この時に支払う利息は、利息制限法という法律で10万円から100万円未満のキャッシングならば、18%以上は取ってはいけないと定められています。
しかし近年までは多くの貸金業者がこの法律で定められているよりも高い利息を取っていたため、過払い金が発生していました。

これは当然法律に違反していましたので、裁判が起きて最高裁判所から賃金業者に対して利息制限法で定められていた以上の過払い金をキャッシング利用者に返還しなくてはならない、という判決が下されました。
過払い金が発生する理由は、貸金業者が利息の金額を法律で定められたもの以上にしたためで、過払い金が発生している人が過払い金の返還を要求する事は当然の権利であるともいえます。
過払い金が発生する理由を知っておく事は、自分が現在返済している借金が余分な金額を取られていないかなどを判断する材料にもなるため、非常に重要な事です。

当サイトでは過払い金が消費者金融以外にも発生する可能性があるのか、過払い金が発生するのはいつまでの借金の話なのかなど、過払い金に関する疑問をいくつか解説します。
現在借金を返済している人で、自分の借金に過払い金が発生しているのではと疑問に思っている人が、過払い金について判断する材料となれば幸いです。


[管理人特選サイト]
過払い分を消費者金融に請求する手続きを代行してくれる法律事務所です => 過払い 請求